仕事の悩み

アクセンチュアで働くことのリアル:辞めたいと思ったときの対処法

アクセンチュア辞めたいイメージ
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

アクセンチュアは、世界有数のコンサルティング会社であり、世界40カ国以上にオフィスを構えています。

同社は、戦略コンサルティング、テクノロジーコンサルティング、オペレーションコンサルティングなど、幅広いサービスを提供しています。

アクセンチュアで働くことは、多くのメリットがありますが、デメリットもあります。

この記事では、アクセンチュアで働くことのメリットとデメリットを比較検討し、辞めたいと感じる理由を探ります。また、辞めたいと思った場合の対処法や、アクセンチュアを辞めたあとのキャリアの選択肢についても紹介します。

ブラック企業の辞め方のイメージ
ブラック企業の辞め方完全ガイド!違法な引き止めに負けないポイント務めている会社がブラックで、辞めたいのに、なかなか辞めさせてもらえず困っている人は多くいます。 「この会社ですんなり辞められる...

キャリアアップの強力サポート!

「非公開求人」多数のエージェントにまずは登録

どの転職エージェントを利用するか迷っている方は「非公開求人」の豊富さで決めるのがおすすめ!
転職エージェントに登録しておけば、あなたにぴったりの求人がすぐに届く
転職活動のサポートも万全だから、転職の成功確率がグッと上がる!
転職活動、一人で進めるのは不安ではありませんか? そういうときに利用したいのが転職エージェント。経験豊富なキャリアコンサルティングが、完全無料であなたの転職活動をサポート。マイナビエージェントなら、業界別に専任キャリアコンサルタントが所属しているから 安心して、転職活動を進められます。また、一般には公開されていない「非公開求人」も豊富なので、他の人よりも有利に転職を進められます。まずは登録しておくことが重要です。
\転職活動を1歩リード/

アクセンチュアで働くことのリアル

アクセンチュアで働くことのメリットとデメリットを比較検討し、辞めたいと感じる理由を探ります。

アクセンチュアで働くことのメリット

まずは、アクセンチュアで働くメリットについて見ていきましょう。

優れた組織体制

アクセンチュアは、その組織体制で競争力を高めることで知られています。

アクセンチュアが持つ豊富な業界知識と専門知識を活用して、クライアントのビジネス課題を解決することができます。

アクセンチュアの従業員は、最新の業界トレンドと革新的なソリューションを活用して、クライアントのビジネスを次のレベルに引き上げる機会を得ることができます。結果的に大きなや達成感を味わうことができ、また自身の成長につなげることができます。

テクノロジー・IT導入の速さ・開発力

アクセンチュアは、テクノロジーとITの導入と開発におけるリーダーとしての地位を確立しています

最新のテクノロジートレンドを理解し、それをクライアントのビジネスに適用するおもしろさがあります。アクセンチュアの従業員は、常に最新のテクノロジーを活用するため、時代に取り残される心配はないでしょう。

グローバルナレッジを活用したソリューションの豊富さ

アクセンチュアは、グローバルな視点を持つことで知られています。

世界中のクライアントに対して、その地域や業界に特化したソリューションを提供する能力を持っています。これにより、アクセンチュアの従業員は、グローバルな視野を持つことの重要性を理解し、自身のキャリアに活かすことができます。

キャリアパス・トレーニング制度

アクセンチュアは、従業員の成長と発展を支援するための包括的なキャリアパスとトレーニング制度を提供しています。

この制度を利用することで、自身のキャリア目標を達成するための支援を受けることができます。また、アクセンチュアは、従業員が新しいスキルを習得し、自身のキャリアを発展させるための機会を提供しています。

高い給与と豊かな福利厚生

日本でアクセンチュアで働く方の平均年収は865万円といわれています。具体的な給与額は、毎年12月の評価会議で決定され、翌年の給与額が設定、提示されますが、順調にステップアップすれば1,000万円も十分に視野に入ります

また、社員一人ひとりが最大限の能力を発揮できるよう、様々な福利厚生や制度を整備しています。たとえば、健康診断(年1回)の受診が求められる他、常駐する産業医や保健師への健康相談、社外のカウンセラーによるカウンセリング支援などが受けられます。

ここまで、代表的なメリットを見てきました。次に、アクセンチュアで働くことのデメリットを見ていきましょう。

アクセンチュアで働くことのデメリット

ここからはデメリットを確認していきます。

激務と長時間労働

アクセンチュアは高い業績と成長を支えるために、当然ですが、従業員には高いパフォーマンスが求められます

またビジネスコンサルティング事業を行っているため、つねにクライアントからは高い成果を求められ、結果的に激務とならざるを得ないことがあります。アクセンチュアのいちばんのデメリットは、この長時間労働です。

競争の激しさ

アクセンチュアは、その業界内でも“異次元”の積極採用を進め、従業員数は日本法人だけで約1.9万人(2022年12月時点)規模になっています。

そのため、社内での競争は非常に激しく、昇進は容易ではありません。また、アクセンチュアは他の企業とも競争しており、特にマーケティングの領域では広告代理店との競争が激しくなっています。

海外出張の負担

アクセンチュアのプロジェクトはグローバルに展開されることが多く、海外出張が発生することがあります。

家庭やプライベートの時間を大切にしたい人にとってはデメリットといえます。

実際、アクセンチュアのデメリットが、退職理由につながっているのか見ていきましょう。

アクセンチュアを辞める理由

アクセンチュアの主な退職理由を紹介していきます。

業務負荷とワークライフバランス

アクセンチュアは大規模なプロジェクトを扱うため、業務負荷が高いと感じる人が多いようです。

これはワークライフバランスを崩す可能性があり、一部の人々が退職を考える一因となっています。

停滞感

一部の人々は、自分のスキルが十分に伸びていない、またはプロジェクトのアサインに不満を感じることがあります

これはキャリアの成長が停滞していると感じることにつながり、退職を考える理由となります。外資系コンサル会社ならではの「昇進するか、辞めるか」の文化も影響しているかもしれません。

人間関係と組織風土

アクセンチュアの組織風土や人間関係に対する不満も、退職を考える一因となっています。

特に、尊敬できる上司がいない、または上司からの評価が厳しいと感じる場合、退職の理由につながっているようです。

より良いオファーと現状の待遇

アクセンチュアの社員は高い市場価値を持っているため、他の企業から魅力的なオファーを受けることがあります。

これは新たなキャリアの機会を追求するための退職の理由となります。

また、いまの自分の評価や給与に不満を抱いており、十分に報われていないと感じている方も多く見られます。

アクセンチュアを退職する前に行うべきこと

アクセンチュアや他の大手コンサルティング会社でのキャリアを終え、新たな挑戦に向けて退職を考えている方々にとって、スムーズな転職やキャリア移行を実現するためには、退職前に検討すべき重要なステップがいくつかあります。

キャリアの方向性を検討する

アクセンチュアでの経験を振り返り、今後のキャリアの方向性を検討しましょう。

次のステップは何か、どの分野や業界に進むのか、自分のスキルや関心に合った方向を明確にすることが大切です。

スキルや資格の充実

新たなキャリアに進むために必要なスキルや資格を獲得する準備をしましょう。

アクセンチュアでの経験は貴重ですが、他の分野で競争力を持つためには、新しいスキルの習得が不可欠です。

プロフェッショナルネットワークの構築

業界内での信頼性や情報の共有に役立つプロフェッショナルネットワークを構築しましょう。

LinkedInなどのSNSを活用し、同業者や関連する人々とコネクションを築くことが重要です。

転職先のリサーチ

次のキャリアステップとして興味を持っている分野や会社を調査し、適切な転職先を見つけましょう。

企業の文化や価値観、成長性、給与など、慎重に比較検討することが求められますが、転職エージェントを利用すると、候補となる転職先がスムーズに見つかる可能性が高まります。

doda
公式サイト

なお、アクセンチュアを辞めた方が、どこに転職するか簡単に紹介しておきます。

同じコンサルティングファーム

アクセンチュアからの転職先として、まず考えられるのは同じコンサルティングファームです。

デロイト・トーマツ・コンサルティング、PwCコンサルティング、ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)、野村総合研究所(NRI)などが該当します。

分析力を活かした企業

アクセンチュアで培った分析力を活かすことができる企業への転職も一つの選択肢です。

具体的には、グーグル(Google Japan)、LINE、セールスフォース・ドットコム、ブレインパッドなどがあります。

スタートアップ企業

スタートアップ企業への転職も考えられます。

新しいビジネスを創出するスタートアップでは、アクセンチュアで培ったビジネススキルや問題解決能力が活かせます。

人材教育会社

アクセンチュアを辞めた後、人材教育会社へ転職する例もあります。

人材教育会社では、アクセンチュアで得た知識や経験を活かして、次世代のビジネスパーソンの育成に貢献することができます

退職手続きの準備

アクセンチュアを退職する際には、適切な手続きを行う必要があります。

退職日程、給与の精算、退職届けの提出など、退職に関連する書類や手続きを整理しましょう。

まとめ

アクセンチュアは魅力的な職場ですが、自身のこれからの生活設計を考えるうえで「辞めようか」と考えることもあるかと思います。

すぐに辞める前に、配置転換やキャリアパスの変更などを考慮に入れたほうがベターですが、それでも卒業したほうがいいと思ったときは、この記事を参考にしていただけると幸いです。

キャリアアップの強力サポート!

「非公開求人」多数のエージェントにまずは登録

どの転職エージェントを利用するか迷っている方は「非公開求人」の豊富さで決めるのがおすすめ!
転職エージェントに登録しておけば、あなたにぴったりの求人がすぐに届く
転職活動のサポートも万全だから、転職の成功確率がグッと上がる!
転職活動、一人で進めるのは不安ではありませんか? そういうときに利用したいのが転職エージェント。経験豊富なキャリアコンサルティングが、完全無料であなたの転職活動をサポート。マイナビエージェントなら、業界別に専任キャリアコンサルタントが所属しているから 安心して、転職活動を進められます。また、一般には公開されていない「非公開求人」も豊富なので、他の人よりも有利に転職を進められます。まずは登録しておくことが重要です。
\転職活動を1歩リード/