仕事の悩み

パワハラ横行?楽天グループを辞めたい/辞める理由を解説

楽天グループを辞める理由のイメージ
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

楽天グループは、1997年に三木谷浩史氏によって設立された日本の大手インターネットサービスプロバイダーです。

電子商取引、金融、旅行、エンターテイメントなど、幅広い分野で事業を展開しており、日本国内だけでなく、世界各国に拠点を構えています。

楽天グループのミッションは、「世界中の人々に驚きと感動を提供する」ことであり、そのために常に新しいことに挑戦し続けています。

ただ楽天グループに勤務している方のなかには「目標が高すぎる」「トップダウンがきつくて、裁量もない」といった嘆きの声が聞こえるのも事実

この記事では、

「楽天にこのままいつづけていいのかわからない……」
「楽天グループを辞めたい」
「楽天を辞めたあと、どこに転職すればいいか迷っている」

という方に向けて、楽天の基本情報から、楽天に合わない方の特徴、今後のキャリア戦略について解説します。

ブラック企業の辞め方のイメージ
ブラック企業の辞め方完全ガイド!違法な引き止めに負けないポイント務めている会社がブラックで、辞めたいのに、なかなか辞めさせてもらえず困っている人は多くいます。 「この会社ですんなり辞められる...

キャリアアップの強力サポート!

「非公開求人」多数のエージェントにまずは登録

どの転職エージェントを利用するか迷っている方は「非公開求人」の豊富さで決めるのがおすすめ!
転職エージェントに登録しておけば、あなたにぴったりの求人がすぐに届く
転職活動のサポートも万全だから、転職の成功確率がグッと上がる!
転職活動、一人で進めるのは不安ではありませんか? そういうときに利用したいのが転職エージェント。経験豊富なキャリアコンサルティングが、完全無料であなたの転職活動をサポート。マイナビエージェントなら、業界別に専任キャリアコンサルタントが所属しているから 安心して、転職活動を進められます。また、一般には公開されていない「非公開求人」も豊富なので、他の人よりも有利に転職を進められます。まずは登録しておくことが重要です。
\転職活動を1歩リード/

楽天グループの社風と基本情報

まずは楽天グループの基本情報を見ていきましょう。

平均年収 755万円
有給休暇消化率 61.7%
月間残業時間 20.3h
採用者数 4,165人
離職者数 2,516人
従業員数 8,409人(単体)
32,079人(連結)
資本金 約4,400億円
本社所在地 東京都世田谷区玉川一丁目14番1号
楽天クリムゾンハウス

楽天はグローバル志向が強く、多国籍の従業員が活躍する企業です。英語を公用語として採用し、成果主義を重視する文化があります。

このような環境は、高いパフォーマンスとスピード感を求められ、特に若手社員にとって挑戦的なものとなっています。

楽天の平均年収は約755万円で、IT業界の平均よりも高いものの、成果によって個々の年収には大きな差が生じます。このような報酬体系が、職場環境や離職率に影響を与えている可能性があります。

ここからは楽天グループを辞める理由と背景について確認していきます。

楽天グループを辞める理由と背景

楽天グループを辞める理由として、次のような意見が挙げられています。主に、社風に関する不満から退職を決意しているのが見て取れます。

組織風土・社風・文化と合わない

楽天の組織風土は、トップダウンで体育会系、宗教のような文化であることが多くの退職者から指摘されています。

社内政治や「誰が言ったか」を重視する風土もあるようです。

また「社員を大切にしない社風」だとの指摘もあります。

達成不可能な目標や働き方

楽天での働き方が過度にストレスをもたらし、長期的なキャリアの構築や健康面に悪影響を与えると感じている方もいらっしゃいます。

達成不可能な目標や心身を壊すような働き方が、退職の理由として挙げられています。

またパワハラまがいのことが横行しているという複数の声もあがっています。

ベンチャーからの変化

楽天がベンチャー企業から成長し、大企業となったことで、新しいチャレンジができなくなったと感じる人もいます。

労働時間と給与の不均衡

楽天は非常に高いノルマを課せられることで有名です。

精神的なストレスに加え、長い労働時間は「給与に見合わない」、「労働のコスパが低い」と感じる人も見られます。

楽天を辞めたほうがいい方の特徴

ここまで見てきたように、楽天の社風や退職理由を踏まえると、次のような方は退職・転職を検討する余地は大いにあるといえるでしょう。

トップダウンの意思決定スタイルに適応できない人

楽天はトップダウンの意思決定スタイルを採用しています。

自ら積極的に意見を出し、自由な環境で働きたい人には合わないかもしれません。

体育会系の企業文化に合わない人

体育会系の風土や文化に馴染めない、またはそのような環境での働き方を望まない人は、楽天の企業文化に適応するのが難しいでしょう。

スピードと成果を重視する環境に抵抗がある人

スピーディーな意思決定と成果主義が重んじられるため、落ち着いて長期的に物事を考えるスタイルを好む人には合わない可能性があります。

達成不可能な目標や高ストレス環境に耐えられない人

極度のストレスや過剰な労働負荷、達成困難な目標設定に耐えられない人は、楽天での仕事に適していない可能性が高いです。

創造性と自由度を求める人

新しいチャレンジや創造的なアイデアを自由に表現したい人にとって、楽天の現在の大企業としての構造は制約が多く、窮屈に感じるかもしれません。

労働と報酬のバランスを重視する人

労働時間に見合った報酬やワークライフバランスを重視する人は、楽天の労働環境にフィットしない可能性があります。

楽天を辞めた後のキャリアプラン

楽天を退職した人々は、その後のキャリアにおいて多様な選択肢を持っています。

楽天のブランド力、管理職経験の機会、そして英語力が高いことが、退職後の転職市場での強みとなっています。

特にIT業界では、楽天出身者が重宝される傾向にあります​​。

楽天退職者の主な転職先

楽天退職者の転職先は多岐にわたりますが、特に国内の外資系企業や海外勤務の機会を狙う人が多いです。

楽天では、英語が社内公用語となっており、グローバルな働き方に慣れているため、国際的なキャリアを追求する人にとって有利な条件が揃っています。

また、若いうちからの管理職経験があるため、即戦力として他企業に評価されやすいのです​​​​。

楽天退職後の年収とキャリアアップ方法

楽天では、平均年収が比較的高く設定されており、転職市場での年収交渉にも有利です。

楽天出身者は、特に給与面で有利な条件を提示されるケースが多く、キャリアアップのために他社への転職を検討する人も少なくありません​​​​。

キャリアプランの具体化

楽天退職後のキャリア構築には、自分がどのようなキャリアを望んでいるのかを具体化することが重要です。

楽天での経験をどのように活かせるか、またはどのような新しい分野に挑戦したいかを明確にし、それに合った転職先を探す必要があります​​。

転職エージェントの活用

転職市場では、楽天出身者の市場価値が高く評価されることが多いため、転職エージェントを上手く活用することで、より良い転職先を見つけることが可能です。

特に英語力を必要とするポジションや管理職経験が活かせる転職先を探す際には、専門性の高い転職エージェントの利用が推奨されます​​。ビズリーチ、リクルートダイレクトスカウトなど高待遇の求人を多く抱えている転職エージェントを利用するのが最適です。

ビズリーチ
公式サイト

リクルートダイレクトスカウト
公式サイト

まとめ

楽天を退職することは、新たなキャリアのステップとなり得ます。

楽天で培ったスキルや経験は、多くの企業にとって魅力的であり、特に外資系企業や海外勤務を目指す人には、楽天での経験が大きなアドバンテージとなります。

キャリアプランの具体化と適切な転職エージェントの活用が、成功への鍵となります。