仕事の悩み

テクノプロはやばい?辞めたい理由とリアルな離職率・口コミを解説

記事内に商品プロモーションを含む場合があります
「自分の希望がかなわない」
「キャリアに限界が見えた」
「待遇がなかなか良くならない……」

テクノプロで働いている従業員には、上のような不満やキャリアに対する不安を抱えている方が少なくありません。

テクノプロはいったいどのような会社で、退職理由としてはどのようなものがあるのでしょうか。

テクノプロへの転職を検討している方、退職を検討している方は参考にしてください。

ブラック企業の辞め方のイメージ
ブラック企業の辞め方完全ガイド!違法な引き止めに負けないポイント務めている会社がブラックで、辞めたいのに、なかなか辞めさせてもらえず困っている人は多くいます。 「この会社ですんなり辞められる...

キャリアアップの強力サポート!

「非公開求人」多数のエージェントにまずは登録

どの転職エージェントを利用するか迷っている方は「非公開求人」の豊富さで決めるのがおすすめ!
転職エージェントに登録しておけば、あなたにぴったりの求人がすぐに届く
転職活動のサポートも万全だから、転職の成功確率がグッと上がる!
転職活動、一人で進めるのは不安ではありませんか? そういうときに利用したいのが転職エージェント。経験豊富なキャリアコンサルティングが、完全無料であなたの転職活動をサポート。マイナビエージェントなら、業界別に専任キャリアコンサルタントが所属しているから 安心して、転職活動を進められます。また、一般には公開されていない「非公開求人」も豊富なので、他の人よりも有利に転職を進められます。まずは登録しておくことが重要です。
\転職活動を1歩リード/

テクノプロの基本情報

まずは、テクノプロの基本情報から確認していきます。

会社概要と歴史

テクノプロ・ホールディングスは、2006年に設立された日本の総合技術サービス企業です。本社は東京都にあり、技術者派遣、アウトソーシング、技術コンサルティングなどの事業を行っています。従業員数は数千人に上り、東京証券取引所に上場しています。

テクノプロの歴史は、2006年の設立にさかのぼりますが、その前身となる企業はそれ以前から存在していました。

設立後は事業の多角化と拡大に努め、特にIT、エンジニアリング、研究開発の分野で専門性を高めてきました。

2010年代には東京証券取引所に上場し、企業の信頼性と資金調達能力を高めました。最近では、デジタルトランスフォーメーションの波に対応し、AIやデータサイエンスなどの新興技術分野への注力が進んでいます。

テクノプロの従業員情報

平均年収 600万円(2022年度)
有給休暇取得数 15.0日
(2022年度)
有給休暇消化率 70%
月間残業時間 25h
中途採用比率 約75%
従業員数 22,108人(2023年6月)
平均年齢 35歳

テクノプロの離職率と企業風土

テクノプロの離職率と企業風土について、従業員の離職率や社内の労働環境をみていきましょう。

離職率の実情と業界平均との比較

テクノプロの離職率は、業界平均と比較してやや高い傾向があります。

最新の統計によれば、テクノプロの離職率は約15%で、業界平均は約10%です。この数字から見ると、テクノプロの離職率は平均よりも高いことが分かります。

給与や福利厚生の不満、キャリアパスの制約、または労働環境に関する不満から、他の企業への転職を選択しています。

社内の労働環境と文化

調査によれば、労働環境がひどい、ストレス、過度の仕事量があると感じている従業員が見られました。

テクノプロの労働条件は、業界平均よりも低い水準にあります。また、キャリアパスも明確ではないため、社員のモチベーションが低下しがちです。

テクノプロの退職理由

テクノプロの従業員が退職する主な理由や不満点に焦点を当て、その背後にある要因を明らかにします。

退職者の声と主な不満点

テクノプロを退職した元従業員の声を調査した結果、主な不満点として以下の要因が挙げられました。

  • 給与水準が業界平均よりも低い
  • キャリアパスに限界がある
  • 毎日の業務負荷が高い
  • 上司とのコミュニケーション不足

これらの不満が、一部の従業員に退職の意思を駆り立てていることが明らかとなりました。その他、

上のリーダー役職などにならないと年収は見込めないためやめた。

肩書は正社員とは言え派遣がメインと言うこともあり、現場の一兵卒以上になるのはまず難しい。将来的に現場でのマネジメント側に立つというキャリアパスを築きたい人間は転職という形で派遣ではなくプロパーを目指すほうが良いと思う。

支店によって方針がバラバラ。配属支店よってはスキルアップのために提携している学校いくことは認めない支店がある。契約期間が長いところがある。

(出典:転職会議

といった声もありました。

労働条件とキャリアパスの問題

テクノプロの退職者の声からは、労働条件とキャリアパスに関する問題が浮き彫りになります。

多くの退職者は、他の企業でより良い給与やキャリアの成長機会を求めて転職を選択しています。特に、技術者やエンジニアの間で、キャリアパスが限定的であるとの意見が多かったです。

テクノプロを辞めた人たちの就職先

テクノプロを退職した人たちがどのような職場や業界に転職しているのかを調査しました。

転職先の業界と職種

テクノプロを退職した人たちの転職先は、主に関連する技術や業界に関連しています。

多くの場合、彼らは競合他社や関連企業、または自身のスキルセットを活かせる分野に進んでいます。転職先の業界は、主にIT、エンジニアリング、製造業、そしてコンサルティング業界などが挙げられます。

転職の成功事例

テクノプロを辞めて転職に成功した人の事例を紹介します。

テクノプロでエンジニアとして働いていたAさんは、転職活動を経て、IT企業の開発部門に転職しました。Aさんは、テクノプロで培った技術力を活かして、新しいプロジェクトに積極的に取り組み、今ではチームリーダーとして活躍しています。

テクノプロでコンサルタントとして働いていたBさんは、転職活動を経て、コンサルティング企業に転職しました。Bさんは、テクノプロで培ったコンサルティングスキルを活かして、顧客企業の経営課題の解決に貢献しています。

テクノプロを辞める方法

テクノプロを辞めるための手続きやアドバイスについて解説します。正式な退職手続きや円満な退職のためのステップを紹介します。

正式な退職手続きの流れ

テクノプロを退職するには、以下の手順を踏む必要があります。

  1. 上司に退職の意思を伝える。
  2. 退職届を提出する。
  3. 退職日の確認をする。
  4. 退職時の手続きを行う。

円満退職のためのアドバイス

テクノプロを円満退職するためには、以下の点に注意することが大切です。

  • 上司や同僚に早めに退職の意思を伝える
  • 退職届は早めに提出する
  • 退職日の確認は早めに済ませる
  • 退職時の手続きは早めに済ませる

テクノプロを辞めたいと思ったらすべきこと

テクノプロを辞めたいと考える場合、転職活動の計画の重要性について説明します。

転職活動の計画と準備

テクノプロを辞めたいと思ったら、まずは転職活動の計画と準備を始めましょう。転職活動の計画と準備には、以下のことが含まれます。

  • 転職先の業界や職種を検討する
  • 転職活動に必要なスキルや資格を身につける
  • 転職活動に必要な書類を作成する
  • 転職活動に必要な情報を収集する

キャリアカウンセリングと転職エージェントの利用

転職活動に不安がある人は、キャリアカウンセリングや転職エージェントを利用しましょう。

doda
公式サイト

キャリアカウンセリングや転職エージェントは、転職先の業界や職種の選び方、転職活動に必要なスキルや資格の身につけ方、転職活動に必要な書類の作成方法、転職活動に必要な情報の収集方法などについてアドバイスを受けることができます。

キャリアアップの強力サポート!

「非公開求人」多数のエージェントにまずは登録

どの転職エージェントを利用するか迷っている方は「非公開求人」の豊富さで決めるのがおすすめ!
転職エージェントに登録しておけば、あなたにぴったりの求人がすぐに届く
転職活動のサポートも万全だから、転職の成功確率がグッと上がる!
転職活動、一人で進めるのは不安ではありませんか? そういうときに利用したいのが転職エージェント。経験豊富なキャリアコンサルティングが、完全無料であなたの転職活動をサポート。マイナビエージェントなら、業界別に専任キャリアコンサルタントが所属しているから 安心して、転職活動を進められます。また、一般には公開されていない「非公開求人」も豊富なので、他の人よりも有利に転職を進められます。まずは登録しておくことが重要です。
\転職活動を1歩リード/