仕事の悩み

パワハラ多数?凸版印刷を辞めたい理由と企業風土を解説

凸版印刷のイメージ
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

多くの人にとって、凸版印刷での勤務はキャリアの大きな一歩ですが、様々な理由から退職を考えることもあります。

この記事では、凸版印刷での勤務に関する懸念点を取り上げ、退職を考える際の具体的なステップや、その後のキャリアについて詳しく探ります。

ブラック企業の辞め方のイメージ
ブラック企業の辞め方完全ガイド!違法な引き止めに負けないポイント務めている会社がブラックで、辞めたいのに、なかなか辞めさせてもらえず困っている人は多くいます。 「この会社ですんなり辞められる...

キャリアアップの強力サポート!

「非公開求人」多数のエージェントにまずは登録

どの転職エージェントを利用するか迷っている方は「非公開求人」の豊富さで決めるのがおすすめ!
転職エージェントに登録しておけば、あなたにぴったりの求人がすぐに届く
転職活動のサポートも万全だから、転職の成功確率がグッと上がる!
転職活動、一人で進めるのは不安ではありませんか? そういうときに利用したいのが転職エージェント。経験豊富なキャリアコンサルティングが、完全無料であなたの転職活動をサポート。マイナビエージェントなら、業界別に専任キャリアコンサルタントが所属しているから 安心して、転職活動を進められます。また、一般には公開されていない「非公開求人」も豊富なので、他の人よりも有利に転職を進められます。まずは登録しておくことが重要です。
\転職活動を1歩リード/

凸版印刷を辞めたいと考える理由

凸版印刷を辞めたいと考える人々の声を聞くことで、会社での様々な問題点が浮かび上がります。

退職者の意見や現社員の不満点を通じて、凸版印刷で働くことの課題を深く掘り下げ、これらの問題にどのように対処すべきかを考えます。

退職者の声から見る不満点

凸版印刷を辞めたいと考える人の中には、給料や労働条件に対する不満があります

企業口コミサイトによると、特に「みなし残業制度」による給料の問題や、残業代の不払いが指摘されています​​。

一定の等級になると「みなし残業制度」が適用され、38時間分の給料が付きます。しかし、38時間を超えた分の残業代は支給されません

労働環境の実態

また、パワハラや過剰な業務量に関する報告もあり、これらの問題が退職を考える大きな理由となっているようです​​。

上司にパワハラを相談しましたが、「甘えるな」と一蹴されました。また、労働基準監督署に相談しましたが、「民事不介入」ということで取り合ってもらえませんでした。
(出典:キャリコネ

凸版印刷の退職プロセス

凸版印刷を辞めるためには、適切な退職プロセスを理解し、適切に実行することが重要です。

退職理由の整理から正式な手続きまで、スムーズな退職を実現するための具体的なステップをご紹介します。

退職理由や後悔の有無

退職を考える際には、自分のキャリア目標や現在の職場での不満点をしっかりと把握することが重要です。

退職後に後悔しないためにも、自分の価値観や市場価値をよく考えて決断を下しましょう​​。

退職手続きのステップ

凸版印刷からの退職をスムーズに進めるためには、会社の規定に従って適切な手続きを行うことが必要です。

転職先の内定を承諾したら、直属の上司に退職の意思を伝えます。

退職希望日より2ヵ月前~1ヵ月前に申し出るのが一般的ですが、引き継ぎ期間や人員補充期間が必要になることも考えて早い段階で伝えるほうが望ましいでしょう。

退職日と入社日の間に空白期間ができる場合は、その期間の健康保険や雇用保険などの手続きが必要になります。

転職活動とキャリアプランニング

凸版印刷を辞めた後、新たなキャリアの道を探るには一定のプロセスが必要です。

ここでは、転職戦略の立案から市場価値の評価、業界別転職先の選択に至るまで、効果的なキャリアプランニングの方法を探ります。

転職戦略と市場価値

凸版印刷を辞めた後の就職先については、個々のスキル、経験、そしてキャリアの目標によって異なります。

凸版印刷は印刷業界の大手企業であるため、そこで得られるスキルと経験は多岐にわたります。たとえば、営業、マーケティング、グラフィックデザイン、プロジェクト管理、技術開発などが考えられます。

これらのスキルは他の印刷会社や出版社、広告代理店、マーケティング会社などで活かすことができます

また、デジタルメディアやウェブデザイン、情報技術などの分野でも有用です。さらに、ビジネスやマネジメントのスキルを持っている場合は、より多くの業界でのキャリアチェンジが可能です。

doda
公式サイト

職場環境の改善方法

退職を考える前に、現在の職場環境を改善することも一つの選択肢です。

ストレス管理の技術から内部での変化を促す方法まで、職場の問題に対処し、より良い労働環境を築くためのアプローチを提案します。

ストレス管理とメンタルヘルス

職場でのストレスは避けられないものですが、効果的なストレス管理技術を身につけることで、メンタルヘルスを保護し、職場でのパフォーマンスを向上させることができます。

凸版印刷に限らず、以下のことを心がけるとうまくストレスを軽減することができるかもしれません。

  • 十分な睡眠をとる
  • 規則正しい生活を送る
  • 適度な運動をする
  • バランスのとれた食事をとる
  • 深呼吸をする
  • 趣味を楽しむ
  • 友人や家族と過ごす
  • カウンセリングを受ける

凸版印刷内部での変化を促す方法

現在の職場環境に不満がある場合、まずは内部での改善を試みることも一つの方法です。

次に具体的な方法を紹介します。

上司や人事部に相談する

まずは、上司や人事部に相談してみましょう。

職場環境の改善を求めたり、パワハラや長時間労働などの問題を報告したりすることができます。上司や人事部は、職場環境の改善に取り組む義務があります。

労働組合に加入する

凸版印刷には、労働組合があります。労働組合は、労働者の権利を守るために活動しており、職場環境の改善を求めることができます。

また、労働組合は、労働者同士の交流の場にもなります。

職場の仲間と協力する

職場環境の改善は、一人では難しいかもしれません。職場の仲間と協力して、改善を求めていくことが大切です。

たとえば、長時間労働を減らすためのルールを提案したり、上司や人事部に改善を求める要望書を提出したりすることができます。

ハラスメント相談窓口を利用する

凸版印刷には、ハラスメント相談窓口があります。

ハラスメント相談窓口は、ハラスメントに関する相談を受け付け、ハラスメントの防止に取り組んでいます。ハラスメントを受けている場合は、ハラスメント相談窓口に相談してみましょう。

内部告発する

職場環境が改善されず、自分の健康や安全が脅かされている場合は、内部告発することも検討しましょう。

内部告発は、企業の不正や違法行為を社外に公表することを意味します。内部告発は、勇気のいることですが、職場環境を改善する最後の手段として検討することができます。

職場環境を変えることは、簡単ではありません。しかし、諦めずに粘り強く取り組むことが大切です。また、一人で悩まず、上司や人事部、労働組合、ハラスメント相談窓口などに相談することも大切です。

凸版印刷で働き続けたいと考えているのであれば、職場環境を変えるためにできることを検討してみてください。

まとめ

この記事では、凸版印刷を辞めたいと考える人のために、退職の理由、退職プロセス、転職後のキャリアプランニングについて詳しく解説しました。

自分のキャリア目標や市場価値を理解し、適切な転職活動を行うことで、より満足のいく職業人生を送ることが可能です。

また、現職での改善を試みることも一つの選択肢です。重要なのは、自分自身の幸せとキャリアの充実を最優先にすることです。

キャリアアップの強力サポート!

「非公開求人」多数のエージェントにまずは登録

どの転職エージェントを利用するか迷っている方は「非公開求人」の豊富さで決めるのがおすすめ!
転職エージェントに登録しておけば、あなたにぴったりの求人がすぐに届く
転職活動のサポートも万全だから、転職の成功確率がグッと上がる!
転職活動、一人で進めるのは不安ではありませんか? そういうときに利用したいのが転職エージェント。経験豊富なキャリアコンサルティングが、完全無料であなたの転職活動をサポート。マイナビエージェントなら、業界別に専任キャリアコンサルタントが所属しているから 安心して、転職活動を進められます。また、一般には公開されていない「非公開求人」も豊富なので、他の人よりも有利に転職を進められます。まずは登録しておくことが重要です。
\転職活動を1歩リード/