転職エージェント

【初心者向け】転職エージェントのしくみと、利用するメリット・注意点

転職エージェントのしくみのアイキャッチ

転職を検討している方は、転職先を探す方法として、転職エージェントを利用することを考えていることが多いかと思います。

実際、転職エージェントをうまく活用することで、転職活動をスムーズに進めることができるようになります。まったく転職エージェントを使わないのは、それだけ不利になるといっていいでしょう。

ただ、転職エージェントを利用したことがない方にとっては、次のような不安をお持ちかもしれません。

「転職エージェントって、どんなメリットがあるんだろう……?」
「どのように利用すればいいのか、よくわからない」
「ほんとうに無料で使えるのか、心配……安心して使えるの?」

そこで、この記事では転職エージェントのしくみをイチから解説していきます。また「ハローワーク」「転職サイト」との違いはどこにあるのかもあわせて説明します。

どのような人が転職エージェントを利用したほうがいいのかわかるようになりますので、転職エージェントの利用を迷っている方は、ぜひ参考にしてください。

転職エージェントのしくみ

転職エージェントは、一言でいうと、転職希望者と求人募集をしている企業のあいだにたつ「仲介者」です。

企業の求人要件と転職希望者の実績・スキルのマッチングを実現させるのが主なサービスとなります。たとえば、希望職種、希望条件などをヒアリングしたうえで、それに合った企業の紹介を受けることができます。

転職エージェントと転職志望者はパートナーの関係

求職者は、転職エージェントに無料で登録できます。

また、具体的な求人を出している企業の紹介、履歴書・職務経歴書の添削、面接へ臨む際のアドバイスなど、希望の転職を叶える助けとなってくれる多くのサービスもすべて無料で受けることができます

このあと説明しますが、転職志望者が内定・採用されることは転職エージェントにとってもプラスになるので、手厚い転職支援サービスが期待できます。転職活動のよきパートナーとして活用することをおすすめします。

転職エージェントの収益の出し方は、企業からの紹介料

転職エージェントサービスを提供しているのは民間企業のため、当然ながら転職支援サービスを提供することで、収益を上げる必要があります。

どのように転職エージェントが利益を上げているかというと、採用が決定した時点で、企業側が転職エージェントに対して紹介料を払うという成約報酬モデルを採用しています。具体的な紹介料の相場は、転職者の年収の30%程度です。

つまり、年収500万円の人材の採用が決まれば、転職エージェントはおよそ150万円の収益を上げることができます。このような収益モデルとなっているため、転職志望者は無料で多くのサポートを受けることができるのです。

転職エージェントの報酬のアイキャッチ
転職エージェントの報酬は「成約紹介料」モデルであることを知っておこう仕事を探すにあたって転職エージェントに登録・利用するときにお金はかかりません。では、転職エージェントはどこから、どのように収益を上げてい...

転職エージェントの代表例

「転職エージェント」と一口にいっても、さまざまな民間企業がそのサービスを提供しています。

エージェントごとに持っている主要案件の業種、転職支援のサービスメニューなど違いがあるので、転職エージェントを利用する際には、複数のエージェントに登録しておくのがおすすめです。

転職エージェントの複数利用のアイキャッチ
転職エージェントは複数利用が当たり前!登録したい具体的なエージェントも紹介転職を成功させるためによく活用される転職エージェント。もはや効率よく転職活動するためには欠かせないサービスとなっています。 キャリ...

案件総数、内定者数第1位で業界で圧倒的な存在感を放つリクルートエージェント、業界第2位のDOD、女性からの評価が高いパソナキャリア、ほかにも業界特化型の転職エージェントサービスなど、さまざまな種類があります。

転職エージェントとハローワークの違い

転職先の斡旋、紹介といえば公共職業安定所(職安、愛称は「ハローワーク」)が思い浮かぶかもしれません。

たしかに転職・就職支援を行うという意味では、転職エージェントとハローワークは共通しています。ただ違っていることも多くあります。主な違いを、以下の表でまとめてみました。

転職エージェント ハローワーク
利用料 企業側が紹介料を支払う 企業側、求職者ともに無料
運営機関 民間企業 行政機関(厚生労働省が設置)
案件数 ハローワークに比べると少ない 案件が多い
探し方 スカウトやメールでの求人案内がある 自分で探す

ハローワークは求人募集する企業側も、利用者も無料で使えます。これは長所に思えるかもしれませんが、「採用にお金がかからない」ということは、ハローワークに求人を出す企業は採用にお金をかけられない、お金をかけられるほど財務状況が良くない企業も含まれるということです。

ハローワークに掲載されている求人案件すべてがあてはまるわけではありませんが、ハローワークの求人案件は中小零細が多く、時には「ブラック企業」と呼ばれても仕方ない、問題を抱えている企業が多く含まれているというのは知っておいたほうがよいでしょう。

ときには、求人票で書かれている職務内容とは大きくかけ離れている、待遇が異なっているという場合もあります。

一方、転職エージェントに求人を出している企業については、採用に一定のお金をかけられる程度の体力はあるといえます。また、初めに提示していた条件とは異なる採用を続けた場合、転職エージェントのチェックが入ります。

転職エージェントを利用するにせよ、ハローワークを利用するにせよ、企業の評判はネットで事前に調べることができます。待遇、福利厚生、経営理念、人事評価、社風などさまざまな側面から、口コミで企業の評判を窺い知ることができます。事前にきちんと調べることで、転職の失敗をある程度避けることができるはずです。

ハローワークを利用するのに向いている人

ここでハローワークを利用するのに向いている人はどんな人かまとめておきましょう。

  • できるだけ多くの求人案件を確認したい
  • 企業の評判を自分で調べられるる
  • 自分で自分にあった企業を見つけ、転職に向けて動ける自信がある

以上のような人であれば、うまくハローワークを使えるでしょう。

転職エージェントと転職サイトの違い

ところで「転職エージェント」と「転職サイト」はどこが異なるのでしょうか。転職エージェントもインターネットを経由して登録することから、転職サイトと混同している方も少なくありません。

混乱しやすい原因としては、同じ企業が「転職サイト」を運営しながら、同時に転職エージェントサービスを提供していることでしょう。たとえばリクルートは、転職サイトとしてリクナビを運営しつつ、リクルートエージェントという転職エージェントサービスを行っています。

転職サイトというのは、あくまでも求人募集している企業を契約に則って、自社サイトに掲載し、転職志望者はそこに応募できるというプラットフォームを提供する場であり、それ以上ではありません。つまり転職エージェントには必ず存在する「エージェント」がいないことが、転職サイトの特徴です。

転職エージェントの利用とは異なり、転職志望者は基本的には自分で案件を探さなければなりませんし、企業への推薦、面接のアドバイスなど転職支援サービスはありません。あくまでも「場」を提供するだけ、それが転職サイトです。

そういう意味では、転職エージェントよりは「サービスは手薄」だといえます。ですが、転職エージェントを利用する場合、受けられるサービスは手厚いものの、企業だけではなく、担当のキャリアアドバイザーともコミュニケーションを取る必要があります。

転職サイトのみ利用の場合は、企業の人事担当者とやり取りすればいいので、コミュニケーションコストは下げることができます。

転職サイトに向ている方の条件は、次のようにまとめられます。

  • 転職活動は全面的に自分のペースで進めたい
  • 数多くの案件から、自分に最適の求人案件を見つけられる自信がある
  • 特に転職活動への支援、サポートを必要としていない

以上のように、自分で最適な求人を探すことができ、希望の転職を叶えることができると思っている方は、転職サイトを利用するのもおすすめです。

ここまでで、ハローワークと転職サイトの特徴を述べるとともに、転職エージェントの違いを解説してきました。どちらもよく利用されているサービスですし、上手く活用するに超したことはありません。

ただ筆者の見解では、転職活動を効率的に進めるうえで、転職エージェントに登録しておくことは必須です。次に、転職エージェントの特徴についてより詳しく解説します。

転職エージェントを利用するメリットとデメリット

転職エージェントを利用するほうが、転職活動にとって明らかにプラスになります。利用するのにお金もかからないので、特に大きなデメリットはありません。

ただ利用の際に注意すべきこともあるので、メリットとデメリットをあわせて解説しましょう。

転職エージェントを使うことのメリット

転職エージェントを使うことのメリットは数多くあります。代表的なメリットは次の通りです。

  • 非公開求人に応募することができる
  • 転職活動を進めるうえでのアドバイザーを持てる
  • 自分が望める「最大限の給与」を得られる転職が可能になる
  • 企業との面倒な交渉を任せることができる

それぞれ詳しく見ていきましょう。

【転職エージェントのメリット1】非公開求人に応募することができる

採用に力を入れている企業すべてが、転職サイトなりハローワークに求人案内を掲載するわけではありません。大企業や人気企業が誰でも見ることができる場所に人材募集の情報を載せれば、応募者が殺到してしまいます。

採用において、書類選考、面接日時の調整、複数にわたる面接など、採用にはかなりのコストがかかるため、適性のない応募者が増えるのは、企業側にとっても困ります。

その対策として、一般の人にはアクセスできないように求人を行うのが「非公開求人」と呼ばれるものです。実は、転職エージェントで扱っている求人は、公開されているものよりも、非公開求人のほうが多くを占めています。なかには8割近くが非公開求人というところもあります。

非公開求人情報にアクセスできなければ、潜在的な数多くの転職先候補を失うことになります。条件の良い転職先企業候補をたくさん確保しておくためには、非公開求人案件も紹介してもらえる転職エージェントに登録しておくことが重要です。

【転職エージェントのメリット2】転職活動を進めるうえでのアドバイザーを持てる

転職エージェントを利用するメリットは、転職活動を進めるうえでの相談役、案内役を持てるということです。理想の転職を実現するためには、これまでの培ってきた実績もさることながら、それを希望先企業に上手く伝えるためのコツが必要です。

しかし、そのような転職活動において必要な「伝える技術」を身に着けている方はそう多くはいません。

転職エージェントの担当アドバイザーは、いわば「転職を成功させるプロフェッショナル」ですから、これを利用しない手はありません。

転職エージェントが提供してくれる転職支援サービスには、以下のようなものがあります。

  • 履歴書や職務経歴書の添削
  • 面接アドバイス
  • 希望に合った求人案件の提案
  • 転職活動の進捗確認

転職活動を独力で進めるのは、体力的にも精神的にも大変なことです。そんなとき、相談に乗ってくれる存在は貴重です。また、実践的なアドバイスも多くもらえるので、転職の早期実現の可能性もグッと上がるはずです。

【転職エージェントのメリット3】自分が望める「最大限の給与」を得られる転職が可能になる

既に触れたように、転職エージェントのビジネスモデルは「紹介料モデル」です。採用が決まった際に、企業側から内定者の年収のおよそ30%程度を紹介料としてもらうことで、収益を上げています。

転職エージェントからすると、担当する転職希望者がより高い年収を得られる企業に採用されれば、それだけ大きな利益を上げられることになります。

転職エージェントは、あなたが望める最も高い年収を得られる企業を探すインセンティブがあるため、積極的に「高年収企業」を紹介してくれます

転職先に給与・待遇の高さを求める方にとっては、転職エージェントはとりわけおすすめできます。

企業との面倒な交渉を任せることができる

また転職エージェントは、あなたの転職活動における「代理人」という側面を持ちます。あなたの意向を汲み、企業側に伝えるという仕事も一部担ってくれます。

面接以外では、企業と求職者は直接やり取りする機会はほとんどありません。

面接の日程、待遇や条件、採用後いつから働くことを希望するのかといった調整や、直接交渉するには抵抗があることもエージェントを通すことで伝えやすくなることが期待できます。

交渉を苦手にしている方、条件面で妥協してしまいがちな方にとっては、転職エージェントを利用することで上手く折り合いをつけられる可能性がグッと上がります。

次に、転職エージェントを使うことのデメリットや注意点に触れておきたいと思います。転職エージェントを「賢く使う」ためには、デメリットについてもしっかり把握しておく必要がありますので、ぜひ参考にしてください。

転職エージェントを使うことのデメリットと注意点

転職エージェントは、収益構造からして転職希望者のために手厚い支援サービスを行っています。ただ、あくまで転職エージェントは転職を支援するだけで、あなたに代わって転職活動をしてくれるわけではありません。

主体となるのは、あくまでも転職志望者です。転職の意志や転職に際しての希望をしっかり持っていないと、転職エージェントに判断をゆがめられてしまう可能性があります。

また正直にいうと、転職エージェントの担当者にも「当たり」「外れ」があります。「相性が悪い」と感じることもあるかもしれません。

転職エージェントを利用するうえで特に気を付けたいことをまとめましたので、予め確認しておきましょう。

収入を重視した案件をおすすめされる場合がある

これはメリット面として触れましたが、転職エージェントは収益を高めるために、高い年収の案件を優先して紹介する傾向があります。「給料が高いのだから、ありがたいことじゃないか」と思われるかもしれません。ただ転職先に求めるのは年収・給料だけではないでしょう。

不安定な働き方を強いられる、労働時間が長すぎる、自分の希望する職種と異なる案件についても、それが年収が高いからという理由で薦められることがあります。

給与と待遇以外の条件をひた隠しにするというような悪質な転職エージェントは少ないですが、それでも推薦する企業に偏りが出る場合はあります。

自分にとって譲れない条件にはどういうものかしっかりと決め(もしくはどの程度まで譲れるのか)、エージェント側にも面談などの際にしっかりと伝えておくようにしましょう。

自分の意に沿わない案件を紹介された場合は「こういう理由で、応募しません」とメールなど文面で具体的に伝えるのもいいでしょう。明確に伝えることで、同じような条件の企業を紹介されることは少なくなるはずです。

求人紹介を受けられないことがある

転職エージェントは転職の成功を約束するものではありません。協力はしてくれますが、転職できるだけの条件をあなたが備えていない場合は、求人先を紹介してくれない場合も出てきます。

一般論として、転職するのが難しい条件があります。

  • 経験・スキルが乏しい
  • これまでの職歴が半年など極端に短い。もしくは職歴がない
  • 無職期間が1年以上と長く続いている
  • 50歳以上の高齢

基本的には市場価値が高く、すぐに転職を決められる実績・スキルを持った求職者に優先的に企業を紹介し、採用してもらうことが転職エージェントにとってが効率的です。それにあてはまらない場合には、企業を紹介されない、もしくは後回しにされることがあります。

もちろん転職が難しい条件にあてはまっているからといって、絶対に紹介されないというわけではありません。ただ現実問題として、転職エージェントでも紹介できる案件には限界があるというのは知っておいたほうがいいでしょう。

「外れ」の担当者にあたる場合がある

転職エージェントサービスというより、個々のアドバイザー、担当者が問題を抱えている場合もあります。

親身になって、求職者の条件にあった求人を探し、こまめに案件紹介をする担当者がいる一方、面談で「何か良い案件があったら、連絡入れますね」とだけ伝え、それ以降まったく音沙汰がないという担当者もいます。

また、希望条件をまともに聞いておらず「とりあえず転職してもらおう」と、採用されそうな企業を優先的に紹介するような担当者もいますし、こちらが連絡を入れてもなかなか返信がこないという、担当者もいます。

転職エージェントの担当者と相性が合わない、連絡が遅すぎるなど「外れ」を引いてしまった場合は、悩まずに「担当者の交代」のお願いするのがよいでしょう。直接いまの担当者に「代わってくれ」と告げるのは抵抗がある方も多いとは思いますが、たとえばDODAなどでは「担当キャリアアドバイザー変更の申し込みページ」が用意されており、ネット上で、担当者の変更の申し入れを行うことができます。

もっとも新たな担当者がつくのに多少時間がかかる場合もあるので、その意味でも複数の転職エージェントに登録しておき、転職活動を停滞させないようにすることが転職成功のためのポイントになります。

転職エージェントの利用がおすすめな人はこんな人

転職エージェントを利用するのに向いているかのチェックリストを作成したので、参考にしてください。

ここまで、転職エージェントとハローワーク、転職サイトの違いについて詳しく解説してきました。また、転職エージェントを使うことのメリットと注意点にも触れてきました。ここまで読まれた方なら、転職エージェントを利用するときのポイントは完全におさえられていると思います。

最後に、転職エージェントを使うのに向いている方をチェックリスト形式でまとめてみましたので、自分が転職エージェントを利用するかの判断材料にしてください。

利用をおすすめする方
  • 非公開求人も含め、求人を行っている企業情報についてできるだけ多くアクセスしたい
  • 独力で転職活動を進めるのに不安がある
  • 転職活動を進めるうえで、面接のアドバイスなど支援を受けたい
  • 自分が望める最大限の給与がほしい
  • 企業と直接に、給与交渉するよりは転職エージェントに交渉を任せたい

上記にあてはまる方なら、転職エージェントの利用を強くおすすめします。